大人気の「マレーシア就職」!

マレーシア就職とシンガポール就職の違い

マレーシア就職とシンガポール就職では「物価」、それに「就職できる確率」といった面で違いが生じます。
マレーシアは、前述したとおり欧米や日本にくらべると、給与が三分の一くらいといわれていますが、
生活にかかるコストも同じように三分の一くらいで収まります。
その一方シンガポールは、高度経済成長期にあることから東南アジアとはいえ、給与も物価も日本とさほど変わりありません。
それに、マレーシアに比べると「就職するのが難しい」といった傾向にあるようです。
経験や語学力、それに実績がないとシンガポールで就職すること自体が難しいといわれていますし、最近では就労ビザの発行も簡単ではなくなってきています。
そのため、語学力、そして経験があまりないという人は、経歴をそれほど重視することなく積極的に日本人を採用しているマレーシアのほうが
うまく就職活動を進めていくことができるでしょう。